ウェディングドレスの相場

結婚式の準備を始めると、その費用の高さに驚くものです。
何をするのにもお金がかかるのは当然ですが、特にドレスの価格には驚くものです。
海外や国内でのリゾートウエディングを行う場合、ドレスが汚れることがあったり披露宴を別で行うことがあるため、ウェディングドレスを購入することも多いですが、式場や貸衣装屋でレンタルをするのが一般的です。
しかし、最近では結婚式の多様化に伴い、従来のように式場の指示に従うだけでなく新郎新婦からこのようにしたいという提案をして式に取り入れることも増えています。
また、費用を抑えるために自分で作れるものは自分たちで作っている人もいます。
これについても、昔は式場で全て用意してもらうのが当然でしたが、最近は案内状やプロフィール、宛名書き、ムービーなどは新郎新婦が手作りして経費を抑えたり、ウェディングドレスやタキシードを自分たちで用意して持ち込むこともあります。

招待状や宛名書き、ムービーといったものの手作りや持ち込みは主流となってきたため、ツールもたくさん出ていますし、式場でも柔軟に対応をしてもらえるようになってきました。
しかし、衣装の持ち込みや自作することについてはまだまだ多くの例がなく、式場によっては禁止されていることもありますし、まだまだツールや本も少ないです。
そこで、ここではウェディングドレスをレンタルするのと手作りするのとで、費用がどのくらい違うのか、そして手作りする際にはどのようなことに気をつける必要があるのかを紹介します。